不倫が原因の離婚

配偶者の片方、ないし双方が不倫をした結果、2人の関係が修復不可能なほどに悪化し、離婚することになった場合、具体的にはどのようなことをすればいいのでしょうか。

基本的には、離婚に至った事実に、2人の間で大きな認識のずれはないでしょう。しかし、中にはやり直しがきくといって、配偶者のどちらかが強固に離婚を拒む例もあります。
片方が離婚の決意を完全に固めているなら、もう片方が終わった関係にすがっているのは、双方にとってよいことではありません。
愛情の絡む難しい問題ですが、少しずつもう片方の理解を得て、離婚できるようにしたいのです。

双方が離婚に合意したとしても、離婚するためには、

・お金に関する問題
・未成熟の子供の問題
・戸籍と姓に関する問題

などを取り決め、合意しなければなりません。離婚そのものには同意していても、これらのことを処理するハードルは高く、離婚は結婚の数倍のエネルギーを要するともいわれます。
夫婦間の協議で話し合いがまとまらない場合、弁護士など法律の専門家の助けを借りましょう。地方自治体の法律相談など、無料で相談できるサービスもあります。

特にお金の問題に関しては、離婚の際、早く縁を切りたい一心で、お金の問題なんてどうでもいいと、口約束の合意のみで離婚してしまう人もいます。
しかし、そのときはお金や財産など一切いらないと考えても、いざ、離婚後の生活について冷静に考えると、やはりもらえるものは書面で約束してもらってきっちりおけばよかったと、後悔することになりかねません。

Copyright © 2014 不倫が原因で離婚することになったら All Rights Reserved.